すかいらーく(3197)を一般信用で取得する 利回りは? 両建て(クロス)時期は?

この記事は2分で読めます

すかいらーく(3197)の株主優待を一般信用で確保する

一般信用をつかったクロス取引で人気のすかいらーく(3197)ですが、

人気の理由はそのお得さです。

 

利回りがいい優待なので、人気があるためにクロスの時期が毎回早まっていて、

早めに売り注文をしないと売り切れてしまいます。

 

過去のデータを踏まえて両建て(クロス)時期はいつ頃がいいのでしょうか?

 

 

 

すかいらーく(3197)の株主優待について

優待内容を確認:

保有株式数に応じて、年2回、株主優待券がもらえます。

保有株式数贈呈金額
(年間合計)
贈呈金額
(6月末日基準日)
贈呈金額
(12月末日基準日)
100株~299株6,000円1,000円カード×3枚
(3,000円)
1,000円カード×3枚
(3,000円)
300株~499株20,000円1,000円カード×3枚
3,000円カード×2枚
(9,000円)
1,000円カード×5枚
3,000円カード×2枚
(11,000円)
500株~999株33,000円1,000円カード×3枚
3,000円カード×4枚
(15,000円)
1,000円カード×3枚
3,000円カード×5枚
(18,000円)
1,000株~69,000円1,000円カード×3枚
5,000円カード×6枚
(33,000円)
1,000円カード×6枚
5,000円カード×6枚
(36,000円)

 

株主優待で利用可能な店舗

◆株式会社すかいらーくレストランツ
ガスト
バーミヤン
ジョナサン
夢庵
ステーキガスト
グラッチェガーデンズ
藍屋
Sガスト
魚屋路
chawan
三〇三
ゆめあん食堂
とんから亭
かつ久
から好し
ばーみやん軒


◆ニラックス株式会社
しゃぶ葉 
むさしの森珈琲
La Ohana 
グランブッフェ
フェスタガーデン
パパゲーノ 
グランチャイナ
ブッフェ エクスブルー 

 

 

 

過去の売り禁状況:

カブコムでは2018/04/27までは抽選なしでも売り建て可能でした。

その前の期は2017/10/27までは抽選倍率が1倍以下なので抽選なしで売り建て可能でした。

どちらも権利日の2か月前がみなさんの銘柄確保スタート時期のようです。

 

SBI証券では2017年12月期は、権利日直前でも在庫がありましたが

2018年6月期はフライングクロスで早々に在庫がなくなり復活することもなかったようです。

 

 

 

自分の取得状況 

2018/6/1に取得(一般信用とれず現物にて)

2017/12/20(SBI)に取得

2017/5/10(松井)に取得

 

 

優待の処分方法:

金券ショップへ売却した場合の、参考価格として、以下の表をまとめました。

私が良く売却に利用している金券ショップでの金額比較をしています。

ヤフオクはこの金額から手数料等が引かれるので、金額×90%程度でみると横比較ができるのではないでしょうか?

 

アクセスチケット

ジャラナ

甲南チケット

チケットレンジャー

ダイヤチケット

ヤフオク

2018/9/26時点

400

360

370

420

385

420

2018/6/12時点

380

360

370

380

380

調べず

2018/4/18時点

380

360

370

381

380

410

上記の表は500円券1枚の買い取り価格

 

すかいらーく株主優待のまとめ

すかいらーくは、約170万円で年間7万円の利用券をもらえることから

自分で利用すると年間4%の利回りの投資になるので非常に人気が高い銘柄です。

 

オークションに出しても8割程度で売れることから

両建て手数料を差し引いてもノーリスクで利回りは3%程度になるはず。

ある程度の手数料を上乗せしても早めに確保したいという人が多く

一般信用の在庫は早めになくなる傾向にあります。

 

私も毎回取得して、半分は自己利用、半分は売却して手数料コスト回収という形にしていますが

毎回、1か月以上前から両建てをして確保しています。

 

子供が小さいのでファミレス系の金券優待はありがたく使わせてもらっていますが

恐れるのは、優待金額が改悪されることでしょうか?

 

それまでは毎回早めに取得して確保していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。